パソコンの購入に踏み切れない時に読んでほしい|正しいパソコンの選び方

こんにちは、家電量販店で働いている、かややよ(@kayayayo)です。

家電量販店やネット通販で欲しいパソコンを見つけても購入を「決断」するのは難しいですよね。
例えば、店頭で丁寧に説明されても「本当に正解」なのか不安になることもあります。

 

ちょっと高すぎないかな?
そもそも自分に合った性能かな?
パソコンは高い買い物なので悩むのは当然のことです。
そもそも、販売している機種が多いので「即決」できる人の方が珍しいです。。。
購入を決断する時に一番大切なことは「選択に自信を持つ」ことです。
今回は、悔いが残らない買い物にするために「正しいパソコンの選び方」や「価格相場」などを紹介します。

 

管理人
悩んでいるPCのスペック表を用意すれば読み進めやすくなります!
(スペック表とは「CPU」等が記載された一覧表のコトです)

用途に適したパソコン性能を把握する

パソコンは用途に対して適正な性能があります。

まず、パソコンの用途を大きく3つに分けると

①インターネット閲覧、動画視聴(You Tube等)
②オフィスソフト(Excel、Word等)で資料作成、リモートワーク(授業含む)
③ゲームプレイ、動画制作(動画投稿)

といった感じです。

パソコンは機種ごとに大きな性能差があるので、きちんと「用途」に適した「性能」を把握しなければミスマッチが起こります。

そのため、スペック表を参照して用途に適した性能であるか確認する必要があります。

 

うーん、スペック表を見ても用途に合っているのか分からない

スペック表のすべての項目を理解する必要はないので安心してください。

適したパソコンの選別方法は「CPU」「メモリ」を見るだけです。

  • CPU=高性能になるほどデータ処理が速い
  • メモリ=容量が大きいほど一度にできる作業が増える

パソコンを表す画像

メモリ(机)が大きくなるほど一度に出来る作業の効率が大きく向上します。

メモリの広さを表す画像

CPUとメモリ以外の「ストレージ」や「ドライブ」の項目は除外しても問題ありません。

理由は「CPU」と「メモリ」さえ選択に失敗しなければ他のパーツは購入後に安価でカバー出来るからです。

例えば、DVDを見る機能(ドライブ)が付いていなくても、後からDVDドライブ(USB接続)を購入すれば簡単に対処できます。

外付けドライブを表す画像
■簡単に追加接続可能(3000円ほど)

しかし、「CPU」「後からでは対処不可」のパーツなので取り返しがつかなくなります。

また、「メモリ」は増設することは可能ですが部品や増設工賃で多くの出費が伴います。

なので、「CPU」「メモリ」だけは購入時点でしっかり押さえておくことが大切です。

パソコンの購入を決断する時は「CPU」と「メモリ」の2つの指標を最終確認する

 

用途に適したCPUとメモリ

「CPU」の項目を見ると「Intel」もしくは「AMD」と記載がありますよね。

「Intel」と「AMD」の違いは、CPUを生産している会社が違うというだけです。

Intel社が生産しているCPUは主に「Celeron/Core iシリーズ」、AMD社は 「Athlon/Ryzenシリーズ」という名前です。

両社のCPUに大きな性能差はないので気にしなくてOKです。

用途に適したCPUと次の通りです

Celeron / Athlon Core i3 / Ryzen 3 Core i5 / Ryzen 5 Core i7 / Ryzen 7
インターネット閲覧、動画視聴(You Tube等) × ×
オフィスソフト(Excel、Word等)で資料作成、リモートワーク(授業含む) × ×
ゲームプレイ、動画制作(動画投稿) × ×

×=適していない ○=適している ◎=最適

 

インターネットでのWEB閲覧や動画視聴であれば「Celeron / Athlon」もしくは「Core i3 / Ryzen 3」を搭載したパソコンが用途に合致した性能ということになります。

逆に、動画制作をするパソコンが欲しいのに「Celeron」や「Athlon」を搭載した機種を買うと大失敗になります。

次に、用途に適した「メモリ」の容量です。

4GB 8GB 16GB
インターネット閲覧、動画視聴(You Tube等) ×
オフィスソフト(Excel、Word等)で資料作成、リモートワーク(授業含む) ×
ゲームプレイ、動画制作(動画投稿) ×

×=適していない ○=適している ◎=最適

メモリは「インターネット閲覧、動画視聴(You Tube等)」の用途であれば「4GB」を選んでも問題ありません。

用途に対して過剰な性能のパソコンを選んでいないか確認する

用途に見合った性能を把握したら「選んだパソコン」過剰な性能を持っていないか確認してください。

例えば、インターネット閲覧動画視聴(You Tube等)が主な使用目的の場合「10万円」を超えるパソコンは適していません。

理由は簡単で、オーバースペックだからです。

用途に対してパソコンの「性能が高すぎる」ので釣り合いが取れていません。

この場合、出費だけがかさみ性能を十分に引き出せない結果に繋がります。

要は「宝の持ち腐れ」になるということです…。

パソコンは基本的に価格と比例して性能も向上するので、「インターネット閲覧や動画視聴」くらいなら安いパソコンでも十分満足できます。

もちろん、大は小を兼ねるのでオーバースペックのパソコンを買うこと自体は悪いことではありません。

しかし、本当に正しいパソコンを選んでいるか?と考えた場合は「ノー」という答えになります。

そもそも用途が定まってなければ買わない

パソコンは「用途」がハッキリしていない時に買うと後悔することが多いです。

「用途を後から考える」では、選定基準が「値段」しかないからです。

「値段」だけで決めようとすると、どうしても安いパソコンに目が移ります。

仮に、価格重視で適当に3万円ほどのパソコンを購入して、あとから「リモートワークがしたい!」と思っても起動や処理が遅すぎて話になりません。

パソコンが遅いを表す画像

こうなると新しいパソコンを買い直すことハメに…。

用途を細かく決めすぎる必要はありませんが、おおよそは決めておく必要があります。

例えば、「ZOOMを使うために買う!」といった感じです。

目的が定まっていればパソコン性能とのミスマッチを防ぐことが出来ます。

はっきり決まっていないのであれば、まずは「何のために買うのか」を考えることが大切です。

用途に適したパソコンの予算相場

予算を表す画像

パソコンは用途に応じて大体の予算が決まります。

「選んだパソコン」が、次の表より高い時は一度考えたほうが無難です。

用途 予算
インターネット閲覧、動画視聴(You Tube等) 4万円~7万円
オフィスソフト(Excel、Word等)で資料作成、リモートワーク(授業含む) 7万円~11万円
ゲームプレイ、動画制作(動画投稿) 11万円~18万円

上の表の金額より大きい場合、他に安いパソコンがあるので選び直した方が財布に優しくなります。

 

軽量モデル(モバイルPC)を選んでいる場合は、「+2万~3万円」は高くなるヨ

動画制作やゲームが主な用途である場合は、安すぎるパソコンは控えてください。

理由は「やりたいこと」に対して「パソコン性能が追いつかない」からです。

用途が「3Dゲーム」の時は「グラフィックボード」搭載パソコンが必要です。
ゲーミングパソコンって何?パソコン初心者の方にわかりやすく紹介!で解説しています。

国内メーカーを選んだ時は、海外メーカーも候補に入れてみる

海外をイメージした画像

国内メーカー(NEC・富士通・dynabook等)を選んでいる場合、海外メーカーの同じ性能のパソコンに変えるだけで安く買えます。

Lenovo(レノボ)
DELL(デル)
HP(ヒューレット・パッカード)
ASUS(エイスース)

国内のメーカーが高い理由は付属ソフト(筆ぐるめ等)やサポート体制が違うからです。

逆に「海外メーカー」は最低限のアプリ構成にすることで手頃な価格で販売しています。

そのため、海外メーカーからパソコンを選ぶだけでも出費を抑えることできます。

わかりやすく同じスペック帯の商品を並べてみます。

■Lenovoパソコン

直販価格(クーポン適用) 86.592円
OS Windows 10 Home
CPU Intel Core i3-1115G4
メモリ 8GB
ストレージ SSD 256GB
ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
Office Microsoft Office Home & Business 2019
■富士通パソコン

直販価格(クーポン適用) 110.510円
OS Windows 10 Home
CPU Intel Core i3-1115G4
メモリ 8GB
ストレージ SSD 256GB
ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
Office Microsoft Office Home & Business 2019

 

仮に「富士通」を選んでいた場合、「レノボ」から同じ性能のパソコンにすることで「2万円」以上は安くなります。

ただし、「はじめてパソコンを買う」のであれば国内メーカーをおすすめします。

理由としては、パソコン初期設定が簡単に出来る、且つ購入後のサポートが手厚いからです。

詳しくは下の記事で解説しています。

あわせて読みたい

こんにちは。家電量販店で働いているかややよです。 本記事では「はじめてパソコンを買う」なら国内の メーカーを選んだ方がいい理由を紹介しています。   はじめてパソコンを購入する時、「国内メーカー」と[…]

安さに惹かれても中古パソコンは買わない

中古のパソコンは2つの理由からオススメしません。

  • パソコンのパーツは消耗品
  • 新品と比べて保証期間が短い

パソコンを構成する各パーツは消耗品なので、使用期間に応じて劣化していきます。

パソコンは5年以内に故障を起こすことが多いため、長期的な視点で見ると「修理」に大きな出費が伴う危険性がつきまといます。

また、中古パソコンは保証期間が「6ヶ月」と短いのが一般的です。

故障の有無は「アタリ」「ハズレ」にもよりますが、常にリスクを背負って使い続けなければいけなくなります。

新品であれば「最低1年間」の保証は必ず付いているので、長く安心して使うのであれば中古品は選択肢から外したほうが良いです。

故障や修理料金、保証が大切な理由は下の記事で詳しく解説していますので参考程度に読んでみてください。

あわせて読みたい

本記事はパソコンの購入時に長期保証を付けるか 悩んでいる方に向けて書いています。 こんにちは!家電量販店で働いているかややよです。 パソコンの長期保証は「もしもの故障」に対して役に立ちますが、追加料金を負担に感じて[…]

中古を選ぶということは「安物買いの銭失い」のリスクを取る必要があります。

用途に応じたオススメ機種

価格と性能のコストパフォーマンスを考慮し「3つの用途」に応じた機種を紹介します。

あなたが「選んでいるパソコン」と比較する目安として参考にしてみてください。

インターネット閲覧、動画視聴が主な用途

ネット閲覧や動画視聴の用途を十分に満たしたスペックを搭載したモデルです。

価格は「5万円台」と若干高いですが、あまりに「低スペック過ぎる」パソコンは日常使いでストレスが溜まるので動作に余裕があるこのモデルがオススメです。

弱点は、オフィスソフト(EXCEL、Word、PowerPoint等)が付いていない点です。EXCELで資料を作るなどの用途がある場合は、選ばないように注意してください。

メーカー直販サイトはこちら

 

価格帯(直販クーポン適用) 5万円台
CPU AMD Ryzen 3 3200U (2.60GHz)
メモリ 8GB
ディスプレイ 15.6型(解像度:1980×1080)

オフィスソフトで資料作成、リモートワークが主な用途


Microsoft Office Home & Business 2019 搭載モデルを選択

ネット閲覧や動画視聴はもちろん、資料・レポート作成や、リモートワークや授業での用途でサクサク動きます。他にも「Wi-Fi6 対応」「指紋認証」など機能面でも優れています。

デメリットは「約1.7kg」の重量です。持ち歩けないことはないですが、ズシンと重いので外に持ち歩くと疲れてしまいます。

価格は「9万円台」と少しシカメ顔になる金額ですが、スペック構成や機能がしっかりしたモデルです。

メーカー直販サイトはこちら

価格帯(直販クーポン適用) 9万円台
CPU Intelインテル Core i5-1135G7 (2.40GHz)
メモリ 8GB
ディスプレイ 14型(解像度:1980×1080)

ゲームプレイ、動画制作(動画投稿)が主な用途


Microsoft Office Home & Business 2019 搭載モデル

動画制作や3Dゲーム動作の処理を助けるパーツ「グラフィックボード(NVIDIA GeForce GTX 1650Ti Max-Q 4GB GDDR6)」を搭載したモデルです。

グラフィックボードは、動画制作ソフト上でのプレビュー表示や、3D処理の計算などを担当するパーツです。

快適な動作を求めるなら「グラフィックボード」は必要になります。

メーカー直販サイトはこちら

価格帯(直販クーポン適用) 15万円台
CPU Intel Core i7-10750H(2.60GHz)
メモリ 16GB
ディスプレイ 15.6型(解像度:1980×1080)

まとめ:パソコンの正しい選び方

パソコンの購入に踏み切る時は「用途」「性能」が一致しているか確認してください。

「値段」だけでパソコンを選ぶと失敗するので注意が必要です…。

「きちんと知って考える」ことで、後悔しないお買い物にできます。

 

ばっちり選べた!!

参考になれば幸いです。