【簡単】Microsoft Officeを再インストールする方法【エクセル、ワード、パワポ】

こんにちは、かややよ(@kayayayo)です。

オフィスソフト(エクセル、ワード、アウトルック、パワーポイント等)って、再インストールが必要なことがありますよね。

たとえば

・パソコンを初期化したとき
・オフィスソフトをアンインストールしたとき
・オフィスソフトのプログラムが破損したとき

などです

どうすればいいんだろう…

オフィスソフトの再インストールは簡単です。

今回、紹介する再インストールの方法は次のオフィスソフトが対象です。

Microsoft Office 2016
Microsoft Office 2019
Microsoft Office Premium
オフィスソフトのバージョンが「2010」などの場合は手順が異なるので注意してください。
バージョン?わからないんだけど…

オフィスソフトのバージョンは買った時に同梱されていたカードを見れば分かります。

付属カードの画像

例えば上のカードが入っていたら「2016」と書いてあるのでバージョンは「2016」です。

もし「失くしたり、捨てたり」したのであれば、持っているパソコンの「型番」をネットで検索すれば仕様(スペック)を確認できます。

型番の検索例

型番はノートパソコンなら本体の底側、デスクトップなら本体の横や裏側から確認できます。

それでは、再インストールをぱぱっと終わらせましょう。

事前に用意するもの

用意するものは1つです。

・Microsoftアカウント

ピンとこない方もいるかもしれません

しらんよ!!

落ち着いて思い出しましょう。

パソコンを買って初期設定したときや、「エクセルやワード」を買ってはじめてインストールした時に「マイクロソフト」のアカウントを作りませんでしたか?

参考記事

かややよ(@kayayayo)です。 「Microsoftアカウント」をはじめて作る時は用途がよくわからないですよね。 むずかしく考えなくて大丈夫です。 Microsoftアカウントは ・オフィスソフトを使う[…]

マイクロソフトのイメージ画像です。

Microsoftアカウントの記憶が怪しい人は、ひとつの方法として次の手順を参考にしてください。

1.画面左の「スタート」ボタンから「アカウント」をクリックする

2.Microsoftアカウントの「メールアドレス」を確認する

マイクロソフトのアカウント確認画面

「メールアドレス」を見て「こんなのあったなぁ」とアカウントを思い出せれば大丈夫です。

多くの人はMicrosoftアカウントでパソコンにサインインしていますが、意図的にサインアウト(ローカルアカウントと表示)している場合があります。

メールアドレスが表示されず分からない時は、「@outlook.jp」「@outlook.com」「@hotmail.com」のメールアカウントを持っていないか確認してみてください。

それでも見つからない場合は、

・skypeアプリ上に情報が残っていないか
・何か用紙にメモを残していないか
・全てのメールアドレスの受信箱を見て「Microsoft」からメールがきていないか
色々な方法を試してMicrosoftアカウントを探しだしてください。

 

あった。。。。よかった
もしも「パスワードがわからない」場合は、Microsoft アカウントのパスワードをリセットする方法【Microsoft 公式ページ】を参照した上でリセットを行ってください。

Microsoft Officeの再インストール手順

手順を表すの画像

マイクロソフトオフィスを再インストールする手順を紹介します。

1.マイクロソフトの公式サイトに移動する

Microsoft 公式サイト

 

2.画面左の「サインイン」ボタンをクリックする

Microsoftアカウントのダッシュボード画面

 

3.Microsoftアカウントの「メールアドレス」を入力し「次へ」をクリックする

メールアドレスの入力画面

 

4.パスワードを入力し「サインイン」をクリックする

パスワードの入力画面

 

5.「サービスとサブスクリプション」をクリックする

サービスとスクリプションに移動する画面

この時、上の画面が表示されない時は「Microsoft アカウント」を選択してクリックしてください。

アカウントダッシュボードに切り替える画面

 

6.「インストール」をクリックする

インストールの開始画面

この画面では「Microsoftアカウント」に紐付けたオフィスソフトが表示されます。

私の場合は、「Office Personal 2016」と「Microsoft Access 2013」を使っているので2つ出ています。

「Office Home & Business 2019」を使っていたのであれば、「Office Home & Business 2019」と表示されます。

なお、ここに何も表示されない時は「ユニバーサルアプリ版」のオフィスソフトを使っていた可能性があります。

その場合でも、プロダクトキーの認証を完了することで再インストールできますので安心してください。

解決方法は次の「プロダクトキーの認証方法」を開くことで確認できます。

プロダクトキーの認証方法

パソコン購入時に付属していた「Microsoft Officeカードのプロダクトキー」が必要になるので用意してください。

ライセンスカードを表す画像

1.「プリペイドのプロダクトキーをお持ちですか?サブスクリプションを開始する」をクリックする

プロダクトキーの入力にい切り替える画面

2.「次へ」をクリックする

アカウントの認証画面

「次へ」を押した後、「パスワード」の入力を求められることがあります。

その際は、改めてMicrosoftアカウントのパスワードを入力してください。

3.「プロダクトキー」を入力して「次へ」をクリックする

プロダクトキーの入力画面


これでプロダクトキーの認証が完了します。

※プロダクトキーの入力時に使用済みと表示される場合は、サインインするMicrosoftアカウントが間違っています。

認証完了後は「手順6.サービスとサブスクリプション」からインストールが開始できます。

 

7.「インストール」ボタンをクリックする

インストール開始の選択画面

「インストール」をクリックした後はファイルの保存が開始します。

保存先を指定していない場合、「ダウンロード(C:\Users\[ユーザー名]\Downloads )」フォルダに保存されます。

ダウンロードの進行画面

 

8.保存したファイルを実行する

ファイルを右クリックして「管理者として実行」を押してインストールを開始してください。

ファイルの実行画面

保存したファイルの場所が分からない時は、ブラウザソフトのダウンロード履歴から実行してください。

■Microsoft Edgeのダウンロード履歴

Microsoft Edgeのダウンロード履歴画面

■Firefoxのダウンロード履歴

Firefoxのダウンロード履歴画面

■Google Chromeのダウンロード履歴

Google Chromeのダウンロード履歴画面

※ファイル名を左クリックすることで実行することが出来ます。

9.インストールの完了を待つ

自動的にインストールが開始されますので、あとは終了するまで待つだけです。

「Officeをインストールしています」の画面が消えたらインストールが完了します。

インストール完了画面

 

10.「スタート」ボタンを押してプログラム一覧にオフィスソフトが追加されていることを確認する

新規アプリの確認画面

 

これで再インストールが完了します。

よし、できた

あとはソフトを起動すれば使用できます。

まとめ

オフィスソフトの再インストールは簡単にできます。

しかし、Microsoftアカウントを紛失してしまうと、探すのに時間が掛かるので日頃から管理しておくことをおすすめします。

また、PC2台までインストールが可能なライセンスであれば、今回紹介している手順を別のパソコンで実行することでインストールできます。