ブラウザに保存されたGoogleアカウント情報を削除する方法[Windows]

プロフィール画像
ブラウザソフトに残っているグーグルアカウントの
ログイン履歴を削除する方法を解説しています。

こんにちは!かややよ(@kayayayo)です。

出先や会社などの共用パソコンでGoogleサービス(Gmail等)を利用することってありますよね。

その時に困るのが、ブラウザに残ってしまうGoogleアカウントの情報です。

googleアカウントの履歴

 

メールアドレスが見られちゃう!
ログインしたのがバレたらまずい

メールアドレスや名前を人目に晒すのは避けたいですよね..。

そこで、必要に迫られるのがアカウント情報の削除作業です。

パパっと消してしまえば誰にも見られることはありません。

今回はブラウザに保存されたGoogleアカウント情報の削除方法を紹介します。

見逃しやすい自動入力候補パスワード情報の消去手順も解説しているので最後までご覧ください。

 

本記事で紹介しているのはブラウザからGoogleアカウントの表示を消す方法です。

グーグルアカウント(Gmail、Googleフォト等のデータ)が消失することはありません。

まずはGoogleサイトの右上に表示されている「ログイン」を押してください。

ログインボタンの画像

続いて、アカウントの選択から「アカウントを削除」をクリックします。

アカウント削除ボタンの画像

削除したいアカウントの横に表示されている「」を選びます。

削除対象の選択画面

そのまま「削除」を押します。

削除の実行画面

以上でおわりです!

削除完了画面

 

楽勝ですね!

Googleの右上の表示がログインではなくネームアイコンの場合は、ほかのGoogleアカウントがブラウザにログインしている状態です。

ネームアイコン画像

その際は、ネームアイコンを選択してから消したいアカウント横の「」をクリックします。

削除マークの画像

削除ボタンが出てくるので、ポチっと押します。

削除ボタンの画像

これでバッチリ完了です。

削除完了の画像

ブラウザの自動入力候補を削除する方法

安心するのはまだ早いです!

これまでの操作でアカウントの削除はOKですが、自動候補入力が残っていることがあります。

オートコンプリート画像

 

コレを消去しなければ、Googleのログインフォームにメールアドレスが表示されます…。

 

意外と見逃してしまうポイントです!

Googleログインページのフォームに自動候補入力が出てくる場合は、サッと消してしまいましょう。

※他のGoogleアカウントがログインしている際は、「別のアカウントを使用」を押してログインフォームに移動します。

こちらも操作はイージーです。

削除したい文字列(メールアドレス)の上にカーソルを合わせます。

カーソルを文字に重ねた画面

そのまま、キーボードの「Shift+Delete」を押します。

キーボードの画像

 

はい。終わりです!

自動候補が削除されます。

自動候補入力の削除後の画面

Googleアカウント情報が消えているかチェック

Googleアカウントと自動入力候補の削除が終わったら最終チェックを行いましょう。

あらためて、Googleページ右上の「ログイン」もしくは「ネームアイコン」をクリックします。

下の画像の[1][2]、もしくは[3]の状態になれば削除成功です。

[1]他アカウントがログインしていない場合の表示
他アカウトがログアウト中のログインページ
[2]他アカウントがログインしている場合の表示
他アカウトがログイン状態のログインページ
[3]他アカウントが存在しない場合の表示
他にアカウント情報が存在しない時の画面
削除したアカウントが表示されてなければOKです

続いて、ログインフォームにカーソルを置いて自動候補にメールアドレスが出てこないか見てみます。

※[1]と[2]の表示が行われる方は「別のアカウントを追加」を押してログインフォームに移動してください。

自動候補の確認画面

Googleアカウントの情報が表示されてなければ成功です!

Googleアカウントが消えていない時は?

ココまでの操作を試してみてもアカウントの入力が行われるのであれば意図せずブラウザにパスワードを保存してしまっている可能性が高いです…。

アカウントの自動入力画面

 

勝手にメールアドレスが入力されちゃう

その際は、ブラウザの設定からパスワード情報を削除する必要があります。

例として、Google Chromeでの操作方法を説明します。

※「Microsoft Edge」や「Firefox」の方は、コチラから参照できます。

パスワード情報の削除手順(Google Chrome)

ステップ1

画面右上のメニューから「設定」をクリック

設定の開始画面

ステップ2

「自動入力」から「パスワードマネージャー」をクリック

自動入力の設定画面

ステップ3

保存したパスワードの一覧から「accounts.google.com」を探して右メニューを開く

アカウント選択画面

ステップ4

「削除」をクリック

削除実行の画面

Microsoft Edge、Firefoxでの削除方法は、下の「+」をクリックして確認してください。

Microsoft Edgeのパスワード削除手順
ステップ1

画面右上のメニューから「設定」をクリック

設定の開始画面

ステップ2

「プロファイル」から「パスワード」をクリック

プロファイルの管理画面

ステップ3

保存されたパスワードの一覧から「accounts.google.com」を探しメニューを開いて削除をクリック

削除実行の画面

Firefoxのパスワード削除手順
 ステップ1

画面右上のメニューから「設定」をクリック

設定の開始画面

ステップ2

「プライバシーとセキュリティ」から「保存されているログイン情報」をクリック

プライバシーとセキュリティの管理画面

ステップ3

保存したパスワードの一覧から「accounts.google.com」を選択して「削除」をクリック

アカウントの選択画面

ステップ4

「消去」をクリック

削除実行の画面

 

パスーワード情報を消したら、Googleログインページで再チェック!

Googleアカウントを削除しても不安が残る時は?

Googleアカウントと自動候補入力を消しても、不安を感じる人もいますよね。

そんな時はブラウザの履歴をすべて削除するという手段があります。

 

ただし、会社や友人などのパソコンで履歴を全削除すると後々困る可能性が出てきます。

理由はシンプルにGoogleアカウント以外の情報も消えるからです。

いちど立ち止まって、ホントに消しても良いのか考えるようにしてください。

 

各ブラウザの履歴削除の手順は下の「+」をクリックすることで開きます。

Google Chromeの履歴を削除する手順
ステップ1

画面右上のメニューから「設定」をクリック

設定の開始画面

ステップ2

「プライバシーとセキュリティ」から「閲覧履歴データの削除」をクリック

プライバシーとセキュリティの画面

ステップ3

「詳細設定」タブを開いて期間を指定し、全てにチェックを入れて「データを削除」をクリック

※当日の履歴のみ消したい場合は、期間を「過去24時間」にしてください。

履歴の削除画面

ステップ4

ブラウザを再起動する

Microsoft Edgeの履歴を削除する手順
ステップ1

画面右上のメニューから「設定」をクリック

設定の開始画面

ステップ2

「プライバシー、検索、サービス」から「クリアするデータの選択」をクリック

プライバシーとセキュリティの画面

ステップ3

期間を指定し、全てにチェックを入れて「今すぐクリア」をクリック

※当日の履歴のみ消したい場合は、期間を「過去24時間」にしてください。

履歴の削除画面

ステップ4

ブラウザを再起動する

Firefoxの履歴を削除する手順
ステップ1

画面右上のメニューから「設定」をクリック

設定の開始画面

ステップ2

「プライバシーとセキュリティ」から「履歴を消去」をクリック

プライバシーとセキュリティの画面

ステップ3

期間を指定し、全てにチェックを入れて「OK」をクリック

※当日の履歴のみ消したい場合は、期間を「今日の履歴」にしてください。

履歴の削除画面

パスワードの保存情報は削除されません。

パスワードを消去する際はFirefoxのパスワード削除手順を参照してください。

ステップ4

ブラウザを再起動する

まとめ

突然のトラップに驚いてしまいますが、気がアセるばかりに自動候補入力パスワード保存などの存在をスルーしてしまうと元も子もないので急がず焦らず対処しましょう。

 

消せてよかった!

今後の予防策として、共用のパソコンに触れる際は「プライベートモード」や「ゲストモード」の活用がオススメです。

参考になれば幸いです。

シークレットモードの移行画面

 

あわせて読みたい

こんにちは、かややよ(@kayayayo)です。 飲食店や公共交通機関などが無料で提供している「フリーwi-fi(公共無線LAN)」 外出先で簡単にネットに接続できて便利ですよね。 また、旅先の空港やホテルで利用す[…]