テザリングってなに?機能や使い方を詳しく解説[iPhone/Android]

プロフィール画像
本記事ではテザリング機能使い方
図解付きで解説しています。

こんにちは、家電量販店勤務のかややよ(@kayayayo)です。

最近よく聞くようになった言葉のひとつ「テザリング」
しかし、テザリングの存在は知っていても、仕組みや使い方ってピンときませんよね。

 

テザリングってなんなの?
何をどうすれば使えるの?

 

ズバッと言えば、テザリングとはスマートフォンを通してインターネットに接続するための機能です。
外出先でパソコンやタブレットを使用したい場面で非常に役立ちます。

 

今回は、テザリングの機能や使い方を詳しく解説します。

最初に言っておきますが、テザリングはデメリットが0というわけではありません。
メリットやデメリットも丁寧に説明していますので、ぜひ最後までご覧ください。

テザリングの機能と種類

スマーフォンの通信回線を利用することで、パソコンやタブレットをインターネットに接続できる機能です。

スマホの電波さえあれば、山でも海でも、はたまたフェリーの上でも使えます。

テザリングの種類は3つあります。

・Wi-Fiテザリング
・Bluetoothテザリング
・USBテザリング

接続方法ごとに特徴とメリット・デメリットが存在します。

Wi-Fiテザリングの特徴を示す画像

Bluetoothテザリングの特徴を示す画像

USBテザリングの特徴を示す画像

 

どれがいいんだろう?

ムズカシク考えなくても大丈夫です。

使い勝手がよく通信速度が安定しているのは「Wi-Fiテザリングです。

どうしてもスマホのバッテリー残量が気になる時に、BluetoothテザリングもしくはUSBテザリングでの接続が選択肢となります。

他にもAndroid(AndroidOS11以降)では、LANケーブルを用いて通信を共有するイーサネットテザリングがあります。

ただし、こちらは専用アダプター等が必要になるので外出先での使用には向いていません。

テザリングを使うための条件

多くのキャリア(au、SoftBank以外)は申し込み不要で料金も無料です。

主要なキャリアごとのオプション加入の要否と料金は次のようになっています。

キャリア 申し込み 料金 備考
docomo 不要 無料 ウルトラデータパックL/LLは申込みが必要です。
au 必要 無料 or 550円 au Style/auショップや、My auから申し込めます。
※タブレットプラン20など一部プランは有料(550円)です。
SoftBank 必要 無料 or 550円 ソフトバンクショップや、My SoftBankから申し込めます。
※データプランメリハリなど一部プランは有料(550円)です。
楽天モバイル 不要 無料
ahamo 不要 無料
povo 不要 無料
LINEMO 不要 無料
UQモバイル 不要 無料
Y!mobile 不要 無料
OCN モバイル ONE 不要 無料
mineo 不要 無料
日本通信SIM 不要 無料
ahamoだからスグつかえる!

他にも使用する条件として、機種が対応している必要があります。

とはいっても、大体のモデルは対応しているので安心してください。

iPhoneで言えば、5より後のモノなら使用できます。

百聞は一見にしかず、実際にテザリングを試せば対応状況はスグに分かります。

テザリングを有効にする

iPhoneとアインドロイド、それぞれのテザリング手順を解説します。

意外とカンタンにサクッと接続することができます。

 

一緒にやってみてください!

iPhoneでテザリングをする手順

Wi-Fiテザリング

ステップ1

「設定」をタップする

設定ボタンの画像

ステップ2

「インターネット共有」をタップする

インターネット設定の画像

ステップ3

「ほかの人の接続を許可」をタップして有効にする

テザリングの有効化が完了した画像

ステップ4

インターネットに接続したいデバイスでネットワークを検索する

※Windows11の画像です。

Wi-Fiのスタート画面

ステップ5

ネットワーク一覧からiPhoneを選択する

ネットワークの検索画面

ステップ6

パスワードを入力して接続する

※iPhoneに表示されているパスワードを入力してください。
※アルファベットの大文字小文字に注意してください。

パスワードの入力画面

ステップ7

ネットワーク接続が完了する

ネットワーク接続の成功画面

その他の接続

Bluetoothテザリング、もしくはUSBテザリングで接続したい場合は、下の「+」ボタンを開いて手順を確認してください。

Bluetoothテザリングで接続する手順
ステップ1

テザリングを有効にした状態で「設定」をタップする

設定スタート画面

ステップ2

「Bluetooth」をタップする

Bluetooth選択画面

ステップ3

Bluetoothを有効にする

Bluetooth有効の画面

ステップ4

インターネットに接続したいデバイスでBluetoothを検索する

※Windows11の画像です。

Bluetoothの検索画面


ステップ5

Bluetoothデバイス一覧からiPhoneを選択する

iphoneの選択画面

ステップ6

パソコンとスマートフォンにPINが表示されます。

番号が一致していることを確認し、それぞれ許可します。

両端末で接続の操作をすることで、ペアリングが完了します。

PCとスマホの接続許可画像

ステップ7

タスクトレイの中にある「Bluetooth」ボタンを右クリックしたうえで、「パーソナルエリアネットワークへ参加」をクリックする

パーソナルエリアネットワークの画面


ステップ8

スマートフォンアイコンを右クリックし、「接続方法」から「アクセスポイント」を左クリックする

アクセスポイントの設定画面

ステップ9

ネットワーク接続の成功画面が表示されます。

接続の成功画面


ステップ10

ペアリングを終了する場合は、スマホアイコンを右クリックして「デバイスネットワークからの切断」を選択します。

※iPhoneのテザリングを終了すれば自動的に切断されます。

ネットワークの切断画面

USBテザリングで接続する手順
Windowsパソコンで使用する場合、iTunesのインストールを完了しておく必要があります。

iTunes – Apple(日本)iTunesのダウンロード画面

※iPhoneをコントロールする「Apple Mobile Device Support」を導入するためです。

あらかじめ「Wi-Fi」と「Bluetooth」をオフにしておいてください。

Wi-FiとBluetoothとオフにした状態の画面

 

ステップ1

テザリングを有効する

テザリングの有効化が完了した画像

ステップ2

「USBのみ」をタップする

USBの接続画面

ステップ3

「信頼」をタップする

コンピュータ接続の許可画面

ステップ4

パスコードを入力する

パスコード入力画面

ステップ5

USBケーブルを接続する

※充電に使用しているケーブル(通信対応)を利用することができます。

ケーブル接続画面

ステップ6

USBテザリングが開始されます。

テザリング有効の画面

おぉ~繋がった!

Androidでテザリングをする手順

Wi-Fiテザリング

ステップ1

Androidはバージョンや機種によって設定画面が異なる場合があります。

「設定」をタップする

設定の開始画面

ステップ2

「ネットワークとインターネット」をタップする

ネットワークとインターネットの選択画面

ステップ3

「テザリング」をタップする

テザリングの選択画面

ステップ4

「Wi-Fiテザリング」をタップする

テザリングメニューの画像

ステップ5

「Wi-Fiテザリングの使用」を有効にする

Wi-Fiテザリングの有効画面

ステップ6

インターネットに接続したいデバイスでネットワークを検索する

※Windowsパソコンの画像です。

Wi-Fiのスタート画面

ステップ7

ネットワーク一覧からAndroidスマホを選択する

ネットワークの検索画面

ステップ8

パスワードを入力して接続する

※スマートフォンに表示されているパスワードを入力してください。
※アルファベットの大文字小文字に注意してください。

パスワードの入力画面

ステップ9

ネットワーク接続が完了する

ネットワーク接続の成功画面

その他の接続

Bluetoothテザリング、もしくはUSBテザリングで接続したい場合は、下の「+」ボタンを開いて手順を確認してください。

Bluetoothテザリングで接続する手順
ステップ1

テザリング方法の画面で「Bluetoothテザリング」を有効にする

Bluetoothテザリングの選択画面

ステップ2

「設定」をタップする

設定の開始画面

ステップ3

「接続済みのデバイス」をタップする

接続済みのデバイス画面


ステップ4

「接続の設定」をタップする

接続の設定画面

ステップ5

「Bluetooth」をタップする

Bluetoothの設定画面

ステップ6

Bluetoothを有効にする

Bluetoothの有効画面

ステップ7

インターネットに接続したいデバイスでBluetoothを検索する

※Windows11の画像です。

Wi-Fiのスタート画面

ステップ8

Bluetoothデバイス一覧からandroidスマホを選択する

androidの選択画面

ステップ9

パソコンとスマートフォンにPINが表示されます。

番号が一致していることを確認し、それぞれ許可します。

両端末で接続の操作をすることで、ペアリングが完了します。

PCとスマホの接続許可画像

ステップ10

タスクトレイの中にある「Bluetooth」ボタンを右クリックしたうえで、「パーソナルエリアネットワークへ参加」をクリックする

パーソナルエリアネットワークの画面

ステップ11

スマートフォンアイコンを右クリックし、「接続方法」から「アクセスポイント」を左クリックする

アクセスポイントの設定画面

ステップ12

ネットワーク接続の成功画面が表示されます。

接続の成功画面

ステップ13

ペアリングを終了する場合は、スマホアイコンを右クリックして「デバイスネットワークからの切断」を選択します。

※androidスマホのテザリングを終了すれば自動的に切断されます。

USBテザリングで接続する手順
ステップ1

USBケーブルを接続する

※充電に使用しているケーブル(通信対応)を利用することができます。

ケーブル接続画面

ステップ2

「設定」をタップする

設定の開始画面

ステップ3

「ネットワークとインターネット」をタップする

ネットワークとインターネットの選択画面

ステップ4

「テザリング」をタップする

テザリングの選択画面

ステップ5

「USBテザリング」をタップすると接続が開始されます。

USBテザリングの画面

USBテザリングもカンタンなんだね!

テザリングのメリット

テザリングのメリットは2つあります。

・モバイルWi-Fiルーターを契約する必要がない
・VPNサービスを利用しなくても安全に通信できる

モバイルWi-Fiルーターを契約する必要がない

ひと昔前は、公共Wi-Fiが存在しないエリアでインターネットを利用する場合、モバイルWi-Fiルーターを用意する必要がありました。

当然、月額料金が掛かってくるので財布へのダメージが痛いのなんの…。

しかし、今はテザリングでインターネットを利用できるので、他社との契約は不要です。

スマホの他にモバイルWi-Fiルーターを持ち歩く手間もないので身軽に行動できます。

VPNサービスを利用しなくても安全に通信できる

第三者と回線を共有するフリーWi-Fiには盗聴や覗き見のリスクがあります。

詳しくは、別記事「フリー(無料)wi-fi(ワイファイ)の危険性と安全に利用する方法で解説していますが、セキュアな状態で公共回線を利用するにはVPN(仮想プライベートネットワーク)が必要です。

VPNサービスを使うことで、通信データを暗号化し第三者の不正を防止できます。

とはいえ…。VPNサービスは月額料金がかかります。

そこで、テザリングが役立ちます。

テザリングは自分だけが通信する回線なので、他人に盗聴される心配がありません。

悠々自適、安全安心にインターネットを利用できます。

テザリングのデメリット

テザリングは使い勝手がいい反面、デメリットもあります。

大きな弱点は3つです。

・バッテリーの消耗が早い
・通信量の調整が必要になる
・セキュリティリスクの管理が必要になる(Wi-Fiテザリングのみ)

バッテリーの消耗が早い

テザリング中は常に通信状態になるのでバッテリーの消耗が早くなります。

とくに「Wi-Fiテザリング」はバッテリーに負荷をかけるので、長時間の利用には向いていません。

Bluetoothテザリングなら抑えられますが、通常より減ることに変わりはありません。

充電切れでスマホが使えないのは不便極まりないですよね…。

そのため、連続的に使用する時はUSBテザリングで充電しながら使用するか、モバイルバッテリーを用意しておく必要があります。

 

通信量の調整が必要になる

テザリングはスマホのデータ通信量を消費します。

動画の視聴などデータ量の多いコンテンツを利用すると、スマホの通信容量はアッという間に底をつきます。

意図せず上限を超えた場合、「定額制プラン」だと通信制限が掛かりますし、「従量制プラン」であればドンドン課金されていきます。

通信量1GBの目安はこんな感じです。

1GB 備考(データサイズ)
メール 約20万通 1通あたり5kB
WEBサイト 約3,3万ページ 1ページあたり300kB
You Tube(480p) 約100分 1分あたり10MB
You Tube(1080p) 約27.7.分 1分あたり36MB

 

例えば、3GB容量プランの契約でYou Tube(480p)を視聴すると「約300分」で制限がきます。

一日あたり「10分」が限度です…。

契約プランにもよりますが、通信量の調整が必要になります。

 

パソコンとの接続時はバックグラウンドでデータの送受信が行われるので
気づかないうちに大量の通信量を消費しているコトがあります。

セキュリティリスクの管理が必要になる(Wi-Fiテザリングのみ)

Wi-Fiテザリングを使用する時は、次の2つに注意を払う必要があります。

・ネットワーク名
・パスワード設定

1つ目はネットワーク名です。

テザリングにおけるネットワーク名とはスマホの名前のことです。

ネットワークの名前は第三者も見ることができます。

■スマートフォンの名前
スマートフォンの名前の画像
■周囲に表示されるネットワーク一覧
ネットワークの一覧画像

 

例えば、名前を「日本太郎のiPhone」としていた場合、まわりの人に本名がバレてしまいます。

内緒話をイメージする画像

 

赤の他人に知られるのは気持ちのいいモノではありませんよね…。

これを防ぐにはネットワーク名を変更する必要があります。

iPhoneの設定方法:[設定]→[一般]→[情報]→[名前](任意の内容に変更する)
Androidの設定方法:[設定]→[ネットワークとインターネット]→[テザリング]→[Wi-Fiテザリング]→[ネットワーク名](任意の内容に変更する)

 

2つ目はパスワードです。

安易なパスワード「12345678」等で設定している場合、タダ乗りされてしまいます。

パスワード画面の画像

 

通信上のセキュリティはもちろん、通信容量まで盗まれるリスクがあります…。

そのため、パスワードは複雑な文字列にすることをオススメします。

iPhoneの設定方法:[設定]→[インターネット共有]→[”Wi-Fi”のパスワード]をタップ(任意の文字列に変更する)
Androidの設定方法:[設定]→[ネットワークとインターネット]→[テザリング]→[Wi-Fiテザリング]→[Wi-Fiテザリングのパスワード]をタップ(任意の文字列に変更する)

テザリングのよくある疑問

テザリングの基本を押さえても、疑問は残りますよね。

よくあるモノをまとめましたので、参考にしてみてください。

Wi-Fiテザリングは何台まで接続できるの?

機種によって異なります。

iPhoneの場合は、一般的に5台まで接続できます。

Androidは5台~10台接続できることが多いです。

ちなみに、BluetoothテザリングとUSBテザリングは一台までです。

 

テザリング中は電話できるの?

テザリング中に着信があれば通話可能です。

ただし、キャリア(au等)によってはテザリングが強制的に無効になります。

テザリングが無効になると調べ物をしながら、会話することはできません。

※ドコモなどの一部のキャリアは通話中もテザリングが可能です。

 

テザリングが自動的に切断される

おもにiPhoneのWi-Fiテザリングで発生します。

一定時間、通信がないと切断されます。

また、スマホがスリープモードになった場合も切断されることがあります。

スリープの問題は自動ロック設定を「なし」にすることで改善できます。

 

WindowsパソコンでUSBテザリングができない(iPhone)

iPhoneをコントロールする「Apple Mobile Device Support」が必要になります。

iTunesをインストールすると導入できます。

すでにiTunesをインストールしているのにiPhoneを認識しない場合は、再インストールを試してみてください。

 

3GB、20GBの通信目安を知りたい

契約プランで多い「3GB、20GB」の通信目安は次のとおりです。

用途 3GB 20GB 備考(データサイズ)
メール 約60万通
(1日あたり:約2万通)
約400万通
(一日あたり:約13.3万通)
1通あたり5kB
WEBサイト 約1万ページ
(一日あたり:約333ページ)
約6.6万ページ
(一日あたり:2.2千ページ)
1ページあたり300kB
音楽のダウンロード 約600曲
(一日あたり:約20曲)
約4000曲
(一日あたり:約133曲)
1曲あたり5MB
You Tube(中画質) 約300分
(一日あたり:約10分)
約2000分
(一日あたり:約1時間6分)
1分あたり10MB
You Tube(高画質) 約83.3分
(一日あたり:約2分40秒)
約555分
(一日あたり:約18分30秒)
1分あたり36MB

※あくまで目安です。例えば、メールにファイルを添付した場合は、データサイズは5MB程になります。

 

家の固定回線代わりにテザリングは使える?

使うことはできます。

ただし、20GBや50GBのプランを用いて運用するのは現実的ではありません。

総務省の「1契約あたりのトラフィック推移」によると、一般家庭でも「月間186.7GB(下り:ダウンロード)」は消費していることが分かります。

総務省発表のトラフィック集計結果の画像

引用元:我が国のインターネットにおけるトラヒックの集計結果(2022年5月分)

仙人生活の人でない限り、50GB以下に抑えることも難しいです…。

そのため、スマホひとつに集約させるなら「使い放題」プランの契約が必要です。

とはいっても、容量無制限で最安のサービスをえらぶなら「楽天モバイル 」一択になります。

携帯会社 データ通信量 月額料金 詳細
docomo 無制限 7,315円
au 無制限 7,238円
Softbank 無制限 7,238円
楽天モバイル 無制限 3,278円

 

格安SIM(mineo等)は契約プランのラインナップをはじめ、一定の容量に到達した後に速度制限が発生するなど縛りがキツいので実用的ではありません。

仮に使い放題プランを契約するとしても、テザリングには接続台数の上限があるので注意してください。

まとめ

テザリングを使えば、ドコでもイツでもインターネットに接続できます。

ただし、スマホの回線を利用するので通信容量には気をつけてください。

それでは、テザリングを駆使して安全安心で快適なネットライフを楽しんでください!

参考になれば幸いです。

 

テザリングはバッチリ!
関連記事

こんにちは、かややよ(@kayayayo)です。 飲食店や公共交通機関などが無料で提供している「フリーwi-fi(公共無線LAN)」 外出先で簡単にネットに接続できて便利ですよね。 また、旅先の空港やホテルで利用す[…]

関連記事

本記事ではahamoから日本通信合理的プランへの 乗り換え手順や、実際の使用感を紹介しています。 こんにちは!かややよ(@kayayayo)です。 毎月の維持費が掛かるスマホの料金は頭を抱えますよね。 特[…]