ノートン「セキュア VPN」の機能や使い方を紹介【図解付き】

プロフィール画像
本記事はノートン「セキュア VPN」の機能や
実際の使用方法を紹介しています。

ノートン「セキュア VPN」は街中やホテルなどの「フリーwi-fi(公共無線LAN)」を安全に利用するための機能です。

外出先で無料でネットに接続できる「フリーwi-fi」は有り難い存在ですが、大事な情報を第三者に盗み見られてしまう可能性があります。

「フリーwi-fi」に潜む危険性は次の記事で紹介しています。

フリー(無料)wi-fi(ワイファイ)の危険性と安全に利用する方法

「ノートン セキュア VPN」を使用すれば、「情報漏えい」のリスクを回避して安全にネットを楽しむことができます。

今回は「フリーWi-Fi」に接続する機会がある人に、大きな味方になるノートン「セキュア VPN」の機能や使い方を紹介します。

ノートン「セキュア VPN」の機能

パソコンやスマートフォンで「フリーwi-fi」に接続した通信は暗号化されていません。

そのため、「第三者から通信を傍受」されてしまう可能性があります。

ノートン「セキュア VPN」を利用すれば「データを暗号化」することができます。

つまり、ノートン「セキュア VPN」は「盗み見」や「情報改ざん」などの脅威から大切な情報を保護する目的で利用します。

 

そもそもVPNって何?

「VPN」とは仮想プライベートネットワークのことで、「インターネット上に専用のトンネルを作って外部からの介入を遮断」することが出来ます。

また、デバイス(パソコン、スマートフォン)のIPアドレス( 通信を送受信する機器を判別するための番号)も、「VPN」プロバイダのIPアドレスに変更されます。

少しややこしいですが、簡単に言えば「専用のトンネルを通してデータを送受信することで匿名性を高める機能」ということです!

 

VPNをイメージする画像
■専用のネットワークトンネルを通して通信するので覗かれない

 

ポイント
ノートン「セキュア VPN」を使用することでセキュリティを確保することができる

 

ノートン「セキュア VPN」を利用する前の準備

ノートン「セキュア VPN」を、パソコンやスマートフォンにインストールしている必要があります。
パソコンやスマートフォンで「ノートン360」を導入(ライセンス契約)している場合は、別途料金はかかりません。
「ノートン360」以外のセキュリティソフトを使用している場合は、ノートン「セキュア VPN」のみ購入することも可能です。

「60日間の返金保証」があります。返金申請は別記事「【ノートン】引き落とされた自動延長料金を返金してもらう方法」の「返金の申請方法」と同じです。

スマートフォンアプリは無料で試すことが出来る(7日間)

スマートフォンの場合は、「7日間」は無料で体験できます。
実際の使用感を確認してから、購入を検討できるので便利です。
iphone端末を利用している方は「App Store」でアプリを入手できます。
Android端末を利用している方は「Google Play」でアプリを入手できます。
Google Play で手に入れよう
アプリのインストール後、アプリを起動することで「無料トライアル」を開始できます。
iphoneのアプリ画像
■iphoneのアプリ画面

 

 

Androidのアプリ画像
■Androidのアプリ画面
無料トライアルの終了後は自動的に料金が発生するので、不要と判断したら「1日前」までにキャンセルしてください。

 

ノートン「セキュア VPN」の使い方

パソコン(Windows)とスマートフォン(iphone)の使い方を紹介します。

パソコン(Windows)で使用する場合

1.「タスクトレイ」または「プログラム一覧」から「マイノートン」を起動する

タスクトレイ画面
■タスクトレイ画面
プログラム一覧画面
■プログラム一覧画面

2.「セキュア VPN」の項目から「オンにする」をクリックする

セキュアモードを有効にする画像
■マイノートンの画面

「オンにする」をクリックすることで、接続が保護された旨の通知が行われます。

接続保護の通知画面

以上の操作で「セキュア VPN」が有効になります。

オフにしたい場合は、「オフにする」をクリックすることで無効になります。

「VPNの地域」と「広告追跡」の説明

任意で「VPNの地域」や「広告追跡」の設定を変更できます。

地域と広告の設定画面

「VPNの地域」は、自動で接続する国が選択されます。

日本で使用する場合は、「日本」が自動的に割り当てられます。

VPNが日本の場合の画像
※赤枠部分の「パブリックIPアドレス」が「VPN」プロバイダのIPアドレスです。

意図的に他の地域(国)から接続してるように「見せたい」場合は、リストの中から任意の国をクリックすれば、該当の「VPN」プロバイダに接続が行われます。

例として、「スウェーデン」を選択してみます。

地域がスウェーデンの場合の画像

赤枠部分の「パブリックIPアドレス」がスウェーデンのものになります。

変更後のIPアドレスを「接続元確認サイト」で見てみると「スウェーデン」になっていることが確認できます。

接続元情報の確認画面

ノートン「セキュア VPN」で選択できる地域(国)一覧(クリックで開きます)
以下の「30国」から選択できます。

オーストラリア
オーストリア
ベルギー
ブラジル
カナダ
チェコ
デンマーク
フィンランド
フランス
ドイツ
香港
アイルランド
イスラエル
イタリア
日本
メキシコ
オランダ
ニュージーランド
ノルウェー
ポーランド
ルーマニア
シンガポール
南アフリカ
スペイン
スウェーデン
スイス
トルコ
ウクライナ
グレート・ブリテンおよび北アイルランド連合王国
アメリカ合衆国

「広告追跡」は「オン」にすることで、広告企業等のオンライン追跡を回避することができます。

スマートフォン(iphone)で使用する場合

1.アプリ「セキュア VPN」を起動し、「VPNをオンにする」をタップする

アプリ開始画面

最初に「VPN」を有効にする際は、次の手順で「VPN構成」の追加設定が必要です。

接続開始画面
■「OK」をタップ
VPN構築の可否を確認する画面
■「許可」をタップ
VPN構築の認証画面
■「VPN構成の追加」を認証する(iphone端末や設定により認証方法は異なります)

「認証後」は自動で「VPN構成」が追加されます。

2.「セキュア VPN」の接続が開始します

VPN接続開始画面

3.「セキュア VPN」が有効になります

VPN有効画面

以上の操作で「セキュア VPN」が有効になります。

オフにしたい場合は、「VPNをオフにする」をタップすることで無効になります。

パソコンと同様に「VPNの地域」と「広告追跡」の設定を変更できます。

地域選択画面
■地域(国)の選択画面
広告追跡の設定画面
■広告追跡の設定画面

スマートフォン専用機能「モバイル回線のデータ保護」の説明

スマートフォンの場合は、「wi-fiセキュリティー」の項目から「モバイル回線のデータ保護」を設定を行うことができます。

モバイルデータの保護、警告通知の設定画面

「モバイル回線のデータ保護」は、「wi-fi」環境下ではない時の「キャリア回線(docomo、Softbank、au、格安SIM等)」の通信(4G環境)を暗号化することができます。

ただし、「モバイル回線のデータ保護」は「セキュア VPN」の機能であるため、「4G」で通信する時でも「VPN」を有効にしておく必要があります。

デメリットとしては、常時「VPN」を「有効」にすると電池の減りが早くなります…。

「フリーwi-fi」以外の環境でも安心してインターネット通信を行えるので、電池残量が気にならない方は「モバイル回線のデータ保護」を有効にした上で、常時「セキュア VPN」をオン状態にすることをおすすめします。

自宅でノートン「セキュア VPN」を利用する必要性について

自宅の「wi-fi」環境の場合、利用者は本人か家族など限られているので「VPN」を利用する必要性は特にありません。

管理人
通信環境(ルーターのパスワード設定等)を保護している事は前提です

自宅環境で推奨しない理由としては、通信速度が低下してしまうからです…。

通信速度の比較した時(計測サイト:https://fast.com/ja/#

通常の回線速度
通常回線の速度画面
VPN(地域:日本)の速度
VPNの地域を日本にした時の速度画面
VPNの地域が「日本」であれば、大きく低下しませんが影響はあります。
さらに、地域を海外(今回はスウェーデン)に設定した時

VPNの地域をスウェーデンにした時の速度画面

速度が大きく低下することが分かります。

海外のVPNプロバイダを経由しているので当たり前の結果ですね…。

特別な理由がない限りは自宅で「VPN」を利用するメリットは特にありません。

「レイテンシ」とは、データの転送要求から実際にデータが到着する通信の遅延時間のことです。レイテンシの数値が高いほど遅延が生じているということになります。

強いてメリットを挙げるなら、「意図的に接続元を変えたい」、もしくは「自分のIPアドレスで接続した記録は残したくない」等といった理由がある時です。

他にも、国ごとのサービスによっては、他国のアクセスを遮断しているサービスを利用したい時にも有効です。

例えば、アメリカでいえば「アメリカ以外のアクセスを制限」等の環境設定をしているサイトなどがあります。

要は、アクセス元の制限を設けている場合です。

この際に「VPNの地域」を「アメリカ」にすれば利用可能になることもあります。

まとめ

「ノートン セキュア VPN」は非常に簡単な操作で「VPN」を利用できるので、公共の「フリーWi-Fi」をはじめ、自宅以外での接続が不安な時に役立ちます。

有料のサービスではありますが、操作性や安全性が高いのでおすすめです。

参考になれば幸いです。

関連記事

管理人 こんにちは、かややよ(@kayayayo)です。 本記事は「ダークウェブ」上の情報流出に対抗する製品や 実際、私の情報が流出していた話を紹介しています。 インターネットサービスの普及や、キャッシュレス化の[…]

関連記事

こんにちは、かややよ(@kayayayo)です。 セキュリティソフト「ノートン 360」の「セーフカム」機能の役割を知っていますか? 「セーフカム」は、WEBカメラの乗っ取り(ハッキング)を防止する機能です。 WEBカメラ[…]

 

ノートンストア