不快な広告はブロック!Googleアドセンスで特定の広告を停止する方法

 

こんにちは。かややよです。
本記事はブログやサイトの管理者に向けた記事です!

ブログやサイトの記事を読んでいると、「不快な広告」が表示されることってありますよね。

よくあるものとして、

・エロ、グロ系の広告
・ホラー系の広告
・暴力系の広告
・出会い系の広告

などなど、不愉快な気持ちになるものが割と多いです。

例えば、巨大掲示板(5ch)の閲覧中にグロ画像が貼られていたり、コンビニで買い物している時に成人向けの雑誌があったりして、嫌な気持ちになるのと似ています。

 

本当やめてほしいわぁ。。。と思っていた矢先…。

 

自分のブログにも「不快な広告」がガッツリ表示されていました。

 

なんてこったい!

もしも、ブログに足を運んでくれた人が「広告」が原因で嫌な思いをしたら悲しすぎます。

 

駆逐することを決意!!

 

結果的に「Google AdSense」の「ブロックのコントロール」の機能で対策しました。

 

不快な広告は読む気を失せさせる(ブログの印象が悪くなる)

ブログやサイトを楽しく読んでいる時に、突然「不快な広告」が目に入ってくると「えっ…」ってなることありませんか?

楽しい景色や旅のブログを読んでいて、「出会い系」の広告が出てきたら

 

風情ある雰囲気が、全部ぶち壊しだ…

となります。出来れば避けたい問題です…。

とくに不快度が大きいのは「マンガ関連」の広告です。

「エロ」や「グロ」の表現ばかりで、不愉快な気持ちになることが多いです。

 

不快な広告画像
■不快な広告例
不快な広告画像
■不快な広告例

 

ササっと読み飛ばしたり、広告を停止(広告右上の×マークを押す)することも可能ですが、「ムッ!?」とした違和感を覚えると、読むリズムが崩れる問題も出てきます。

ブログやサイトを開いて、真っ先に目に飛び込んでくるのは画像だったりしますしね…

ブログの印象まで悪くなる可能性もあるので、正直デメリットしか感じません。

 

Googleアドセンスで特定の広告を停止する方法

不快な広告はGoogleアドセンスでサクっと対応することにしました。
Googleアドセンスの管理画面で「ブロックのコントロール」から簡単にブロックできます。

ブロックコントロールの画面

特定の広告をブロックする方法は3つ存在します。

3つの対策方法

1.特定サイトの広告を個別にブロック
2.特定サイトの広告をすべてブロック
3.特定のカテゴリを指定してブロック

 

1.特定サイトの広告をブロック(広告レビューセンター)

「広告レビューセンター」では「実際に表示された広告」を、目視しながら個別にブロックできます。

広告レビューセンターの画面

上部メニューは次の意味があります。

■「審査前」タブ

過去30日間に掲載された広告が表示されます。

※「審査前」という名称ですが、すでに掲載されている広告が表示されています。

表示名 説明
表示回数が最も多い 広告の表示回数が多い順に表示されています。
優先的に審査 高いインプレッション数が見込まれる広告や、繊細で注意が必要な広告が優先的に表示されます。

■「審査済み」タブ

ブログやサイトに継続して表示させたい広告を「審査済み」に移動できます。

表示名 説明
審査済み 審査済みとした広告の一覧が表示されます。
ブロック済み ブロックした広告の一覧が表示されます。

 

「広告レビューセンター」のブロック手順

1.審査前の広告レビューを表示し、不適切と判断した広告の赤枠内のボタンを押します

ブロックする操作方法

2.「広告をブロックしました」のテキストが表示されます

ブロック完了の表示画面

3.自動的に「ブロック済み」タブに広告が移動し、配信が停止されます

ブロック済みに移動した画面

サイト内に反映されるまで時間が掛かります。
補足:「審査済み」にする場合の操作手順(+ボタンで開きます)
「審査済み」にしたい広告は「左上」にカーソルを合わせて、チェックを入れてから「審査済みとしてマーク」を押します。

審査済みとして処理するボタン

審査済みであることを確認する画像

 

自動的に「審査済み」タブに移動します。

「審査済み」に移動しなくても広告は表示されます。
目視の結果、問題がないと判断した広告を「審査済み」に振り分けるイメージです。

2.特定サイトの広告をすべてブロック(広告主のURLを管理)

「すべてのサイト」の「広告主のURL」では、配信を停止したい「広告主のURL」を入力して広告主のサイトごとブロックできます。

特定サイトをブロックする操作画面

 

「すべてのサイト」のブロック手順

1.検索ウィンドウにブロックしたいサイトURLを入力し、「検索ボタン」を押します

URLの入力画面

2.入力した「サイトURL」が表示されるので、ステータス項目の「許可済み」をクリックします

不許可にする操作画面

3.ステータスが「ブロック済み」に変更されます

ブロックを確認する画像

4.「ブロックされたURL」に指定したサイトURLが追加されたら完了です

ブロックリストの一覧画面

※ブロックリストに登録できるのは「500個」が上限です。

 

3.特定のカテゴリを指定してブロック(デリケートなカテゴリ)

「デリケートなカテゴリ」ではカテゴリー(ジャンル)ごとにブロックすることができます。

デリケートなカテゴリを表示させる操作画面

 

「デリケートなカテゴリ」のブロック手順

1.カテゴリの中から表示させたくない広告をブロックします

例えば「政治」カテゴリの広告を表示させたくない場合は、「許可済み」をクリックして「ブロック済み」に変更します。

2.ステータスが「ブロック済み」に変更されたら完了です

ブロックが完了した画像

また、「デリケートなカテゴリ」画面では「広告の表示数(インプレッション)」や「収益の割合」を見ることができます。

そのため、ブログを運営していく中で収益率が「0.0%」のカテゴリや、「ブログネタにしないだろう」と思うカテゴリはブロックしても良いかもしれません。

理由としては、収益性のないカテゴリをブロックすることで、収益が見込めるカテゴリの表示回数を増やす目的です。

 

運営期間が短いので、まだ少し見守るコトにしています…

「google サイト運用者向けツールバー」を利用すればブロック作業が効率的になる

ブロック対象とする「URL」を知りたくても、「AdSenseプログラムポリシー」の規約上、ブログに表示された広告はクリックできません。

かといって、ブロックしたい広告元のURLを探し回るのは面倒です。

そこで、役に立つのが「Googleサイト運用者向けツールバー」です。

 

「Google Publisher Toolbar」ページ

 

「Googleサイト運用者向けツールバー」はブラウザ「Google Chrome」の拡張機能で次のことができます。

・広告オーバーレイで広告の詳細情報を確認できる
・広告オーバーレイで広告の「テストクリック」ができる
・サイト上で広告を直接ブロックできる

拡張機能の導入時に「このコードをコピーし、アプリケーションに切り替えて貼り付けてください」と表示される時は「ページ更新(「F5」もしくは「Ctrl+F5」)」を試してください。

「Googleサイト運用者向けツールバー」導入後の使用例

1.「Google Chrome」で「Googleサイト運用者向けツールバー」を起動する

Google Publisher Toolbarの起動画面

記事中の広告情報が取得されます。

2.「広告に移動して詳細情報を表示」をクリックする

掲載されている広告情報画面

「広告オーバーレイ」を「有効」にすることで、広告をテストクリックできます。

3.「広告主の情報」を確認する

広告主URLの確認画面

「広告主の情報(URL)」を確認することができます。

4.「詳細画面」を下にスクロールして「この広告をブロック」から直接ブロックする

直接ブロックする操作画面

「この広告をブロック」を押すと、ブロック方法の選択画面が表示されます。

例:「広告主のサイト」単位でブロックしたい場合は、ドメインを選択します。

選択した後に「ブロック」ボタンを押すことで、Googleアドセンス画面を開かずにブロックできます。

ブロックした「URL」は、「広告主のURL」一覧に追加されます。

まとめ

自分のブログで、「不快な広告」が掲載されているのは気分が良いものではありません。

不適切だと感じる広告を発見したら即ブロックが一番です。

なお、今回の記事では、個人の裁量によって「どこからが不快なのか」は違いますので、登録しているURL等の情報は掲載していません。

今後も、自分のポリシーに則りパトロールしていきます!

参考になれば幸いです。