「ノートン ダークウェブ モニタリング」の管理画面や設定手順を紹介

こんにちは。かややよ(@kayayayo)です。

「ノートン ダークウェブ モニタリング」の管理画面や設定手順を紹介します。

とはいっても、大げさに構える必要もなくとても簡単に設定できます。

正直、アマゾンで購入した後に導入(有効化)する方が手間でした…。

【関連記事】ノートン ダークウェブ モニタリングの導入方法(有効化)を解説!【図解付き】

管理画面から設定できる項目や、実際に設定する際の参考になれば幸いです。

 

「ノートン ダークウェブ モニタリング」の管理画面

「管理画面」では、監視対象とする「情報の追加」や、「情報流出の検知」時に通知表示が行われます。

ノートン ダークウェブ モニタリングの管理画面の画像
■ノートン ダークウェブ モニタリング 管理画面

監視対象として設定できるのは「7」つの項目です。

監視対象に登録可能な情報 登録最大件数
銀行口座番号 最大「10」件
クレジットカード番号 最大「10」件
電子メールアドレス 最大「5」件
住所情報 最大「5」件
電話番号 最大「5」件
保険証書番号 最大「5」件
運転免許証番号 最大「1」件

監視対象とした情報の流出を「表層WEB(サーフィスウェブ)」、「深層ウェブ(ディープウェブ)」、「ダークウェブ」上で検知すると、管理画面やメールで通知が行われます。

 

ポイント
監視できる情報は「運転免許証番号」を除き、複数登録できます。
「1つのライセンス」で家族等の情報を「まとめて」登録や管理することが可能です。

監視対象情報の流出を検知した際の通知

情報流出の検知時は「ダークウェブの通知」に、「日付」と「履歴」が表示されます。

情報流出検知時の通知の画像

「ダークウェブ履歴の通知」では、「検知された情報の詳細」と「推奨する対策方法」が確認できます。

個人情報流出の検知時の画像
■検知情報の詳細画面

「検知された情報」に応じて、緊急性を把握して対策を施す必要があります。

私の場合(画像)は、ストレージクラウドサービス「ドロップボックス」に関連付けて、「メールアドレスとパスワード」の流出検知が行われています。

検知された情報に対する感想や対策等は、「相次ぐ個人情報の流出!ダークウェブ(闇サイト)の脅威に対抗するソフトを紹介!」で紹介しています。

「ノートン ダークウェブ モニタリング」の設定手順

「メールアドレス」を例として、「追加」「削除」「更新」する方法を紹介します。

「メールアドレス」以外の情報も設定手順は同じです。

■監視対象情報を追加する

1.管理画面トップの「電子メール」をクリックします

メールアドレスの設定を開始する画像

2.「追加」をクリックします

電子メールを追加するボタンの画像

3.監視対象とする「メールアドレス」を入力して「保存」ボタンをクリックします

メールアドレスの入力画面の画像

4.メールアドレスが保存されます

メールアドレスの保存完了時の画像

5.追加したメールアドレスが監視対象になります

メールアドレスが追加完了時の画像

以上の操作で「追加」が完了します。

■監視対象情報を削除する

1.「削除」をクリックします

メールアドレスの削除開始時の画像

2.「削除」ボタンをクリックします

削除に同意する際の画像

3.メールアドレスが削除されます

メールアドレス削除完了時の画像

4.メールアドレス(電子メール2)が削除されていること確認します

メールアドレスの削除を確認する画像

以上の操作で「削除」が完了します。

■監視対象情報を更新(編集)する

1.「更新」をクリックします

メールアドレス情報の更新開始時の画像

2.「更新したメールアドレス」の文字列を入力して「保存」ボタンをクリックします

更新メールアドレスの入力画像

3.メールアドレスが保存されます

メールアドレスの保存完了時の画像

4.メールアドレス(電子メール2)が更新されていること確認します

メールアドレスが追加完了時の画像

以上の操作で「更新」が完了します。

「個人情報の追加」や「通知履歴表示」の実行時にエラーが出る場合

連続で情報を更新した時や、長時間放置していた場合、次の画面が表示される時があります。

個人情報の編集時に表示されるエラー画像
■個人情報編集時のエラー
更新履歴が表示できないエラー画像
■通知履歴の表示エラー

上のエラーが表示された場合は、「管理画面」の更新か、再度サインインすることで改善できます。

 

改善しない時はノートンサポートに連絡です…。

チャットサポートは「365日24時間」対応してくれます。

ライブチャット

チャットサポート窓口の画像

必須項目を入力することでチャットサポートが開始します。

ノートンの問い合わせフォーム画像

問い合わせフォームの「カテゴリ」は「ダークウェブモニタリング」を選んでおけば対応がスムーズになります。

まとめ

個人情報を監視対象に設定することで、安心度は高まります。

一方で、第三者とノートンアカウントを「共有」したり、不正にログインされたりするとヤバいです…。

登録している情報が丸見えだからです。。。

「ノートン ダークウェブ モニタリング」を利用する際は、絶対に「二段階認証」は必要です。

二段階認証の設定方法は「【別記事】「ノートン」アカウントの2段階認証を有効にする(必須)」で紹介しています。

管理や設定手順は非常に簡単ですので、大事な情報はしっかり守っていきましょう!