互換インクを購入する際はデメリットの把握と保証が大事

インク画像

こんにちは、かややよです。

純正インクの値段が高すぎて、互換インクを手に出したいときってありますよね。

そのときに悩むのが。。。

  • プリンターが故障しやすいかな
  • ちゃんと印刷されるのかな
  • 不良品が多そう

などです。

結論から言えばメーカー問わず、純正インクが絶対いいです。

互換インクは印刷した時の発色が純正インクに劣ることはもちろん、最悪のケースではプリンターがインクを認識しないこともあります。

どれだけ値段が安くてもトラブルが起きてプリンターを買い換える事態になれば元も子ありませんよね。。。

純正インクと互換インクでは品質がまったく違うので、何か大きな理由がない限り純正インクを使用してください。

互換インクはデメリットがついて回ることを理解したうえで使用する必要があります。

それでも印刷コストを抑えるために互換インクの使用を検討している方に向けて購入時の注意点を紹介します。

ほんとに故障するの?

互換インクを使ってすぐにプリンターそのものが故障するといったケースはあまりありません。

よくあるのは、プリンターに互換インクを挿しても認識されないといった症状です。

互換インクに付属している説明書どおりにセットしても認識しない時は、最悪互換インクの買い替えが必要です。。。

さらに、互換インクを使用できてもパソコンのプリンター管理ソフト側でインクの残量表示がされないことがあります。

他にも互換インクは使うと色合いがおかしかったり、用紙がインクで汚れやすくなったりするので注意は必要です。

互換インクを選んではいけない人

互換インクを選ぶと後悔することがありますので、次の項目に該当していないか確認してみてください。

・大事な写真を印刷する人や印刷物を共有する人

友達や知り合いの方に写真を印刷して配ったりする場合や、個人的な思い出として印刷するのであれば互換インクは向いていません。

互換インクは発色が悪くプリンターの本来の性能を引き出せないといった理由もありますが、最大の理由は互換インクの印刷物は劣化するのがはやいです。

純正インクとは耐久性が違うので、色あせや日焼けなどに弱くアルバムや思い出にする印刷物には向いていません。

また、取引先に送る資料としても向いていません。数年経って経年劣化で書類の文字が薄れていては困りますよね。。。

・プリンターが故障すると少しでも困る人

プリンターが故障して修理に出す時は、手元にプリンターがない状態になるので、故障機会を減らすのであれば純正インクを使った方がいいです。

故障時の修理代金に関しても、互換インクの使用が故障の原因であればメーカーの保証期間であっても基本的に無料修理を受け付けてくれません。

故障箇所によっては無償修理を受け付けてくることもありますが、故障時は実費で修理する覚悟が必要です。

互換インクの選び方は保証の有無で決める

プリンターの印刷品質に全くこだわりがない、且つ故障しても印刷コストが掛かるよりはマシだと割り切れる人は互換インクで大丈夫です。

互換インクを購入する際は必ず「保証」があるかを確認してください。

これは本当に絶対です。

プリンターが「互換インクを認識しない時」や、「故障した時」に保証の有無で対応が全く違ってきます。

互換インクを購入する人は、問題が起きても「まぁいっか」と割り切り過ぎることがあります。

さすがに一回も使ってないのに「失敗したなぁ…」ではつらいものがあります。。。

保証があれば無料で交換してくれます。

互換インクの購入先次第では、プリンターが壊れても本体料金を保証してくれるところもあります。

互換インクを買う際は保証を軸にして選ぶと良いとおもいます。

保証が手厚いネット通販ショップは「インクナビ」です。

以下の問題に対応してくれます。

  • 正常に印刷できないとき
  • インクの型番を間違えたとき
  • 互換インクが原因でプリンターが故障したとき

購入後のトラブルを想定した保証があるので、互換インクを利用する時は便利です。

互換インクの使用に強いプリンターの機種

互換インクのデメリットは故障や品質ですが、互換インクを使用するのであれば印刷の品質は求めないものとします。

ただし、故障に関してはインクカートリッジのタイプによって極力抑えることができます。

故障のリスクを抑えるられるのがプリントヘッド一体型カートリッジのプリンターです。

プリントヘッドとはインクを噴射する部分のことです。ヘッド部分にインクの目詰まりを起こすとプリンターの故障につながります。

プリントヘッド一体型は名前のとおりヘッド部分をインクと一緒に交換できるので、故障原因となる要因を減らすことができます。

ヘッド一体型カートリッジの搭載型を選ぶならキャノンの「TS3130S」です。

本体料金も5千円くらいですので、デメリットとなる「印刷時間が長い」などに目をつぶればおすすめです。

あくまで互換インクの故障原因を減らして品質にも期待はしていないって方に向けての機種となります。

逆にこの機種を購入して純正インクを使うならコストは高くなるので注意してください。

まとめ

最後にもう一度。。。互換インクの使用は自己責任です。

プリンターの寿命や本来の性能を引き出すには純正インクを使う方がいいです。

また、高性能なプリンターほど互換インクを使用するとメリットが活かせないので注意してください。

互換インクのデメリットを理解したうえで、印刷コストを下げたり使用できない問題を避けたりするのであれば保証付きの互換インクを選択することが大事ですので是非参考にしてください。