タッチタイピングの習得は難しくない!覚えるコツと練習方法!

タイピング画像

こんにちは!かややよです。

キーボードの文字を見ることなく指の感覚だけで入力するタッチタイピング(ブラインドタッチとも呼ばれます)…!

タッチタイピングを習得する理由は人によって違いますが、私の場合はネトゲで周りがチャット会話をワイワイ楽しんでる中、キーボード入力が遅すぎてやっと打ち込みが終わった時には話題が2個くらい進んでいて悩んだことが理由でした(「打っては消し」を繰り返してました…)

現在はばっちりタッチタイピングが出来ますので、習得までの方法と覚えるコツについてご紹介します。

結論から言えばタッチタイピングを覚える早道とコツは「ホームポジション」をマスターすることです。

最初からホームポジションは一番重要なものだと意識して練習を開始することで習得時間がぐぐっと縮まります。

ホームポジションとは?

ホームポジションとはキーボードを入力する際に基本となる指を置く位置のことです。

ホームポジション図

赤枠の部分が左手、青枠の部分が右手で、それぞれの○部分に指を置きます。これがホームポジションの位置です。

ホームポジションの位置で同じ色のキーを同じ指で押すことで入力が効率的になりキーボードを見なくてもタイピングが出来るようになります。

指ごとに対応しているキーを押さずにタイピング練習をはじめると、画面を見ながら「人差し指で打つ」等といった良くない習慣がついてしまうことが多いのでタッチタイピングから遠のきます。

ホームポジションの位置から対応したキーを必ず押すようにしてください。

タッチタイピングの習得方法

最初はホームポジションと指の位置を意識しながら、ゆっくり進めていくことが重要です。繰り返しになりますが、一度癖が付くと改善が難しくなるのでまずは指の位置をしっかり見ながら練習してください。

タッチタイピングの習得までは以下の「①」と「②」を反復することで早く身につくと思います。

  1. ホームポジションで正確な指使いを覚える
  2. タイピングの練習サイトやソフトを利用する

さらに、「ホームポジション」をしっかりと使いながらtwitterなどのSNS、またはオンラインゲームなどを楽しむことで習得期間は一気に短縮していきます。

キーボードのキー配列は練習の過程で自然と覚えられますので、キーとにらめっこする時間よりは指を動かす時間をとってください。

タイピング(キー入力)の練習方法

ホームポジションやタイピングの練習は無料で公開されているサービスを利用するか、通販や家電量販店でタイピング練習ソフトの購入もしくはダウンロードすることで行うことができます。

■無料でタイピングの練習をする

無料で練習できるサイトは複数ありますが、特におすすめのサイトとしてリンクを貼ります。(外部サイトに移動します)
https://manabi.benesse.ne.jp/gakushu/typing/

ホームポジションや指使いの練習をするのにとても役立ちます。

■有料でタイピングの練習をする

タイピング練習ソフトはホームポジションや指使いのマスターはもちろんのこと、練習メニューも豊富で習得までの導線がしっかりできあがっているので、効率的に早く覚えたい方はこちらを検討する価値があります。

私は「名探偵コナン」の特打シリーズで練習してタッチタイピングを覚えましたが、ホームポジションや指移動を覚えることが目的ですので有料・無料に関わらず何度もやることが一番たいせつです。

まとめ

タッチタイピングの練習においてキーボード配列を覚えることにやっきになりがちですが、大事なことは「ホームポジション」です!

ホームポジションを通して指使いさえ覚えてしまえば、あとは文章を打つ機会をとおしてタイピング速度は自然とあがっていきます。

タッチタイピングは年齢かんけいなく反復練習することで習得できるものなので、是非チャレジしてみてください。